シミックグループについて

プレスリリース | 2017年

2017年6月19日
シミックホールディングス株式会社

バイオアナリシス業務の強化について

シミックホールディングス株式会社は、当社の米国子会社で分析ラボ業務を手掛けるCMIC, Inc.(米国イリノイ州、以下「シミックインク」)において、臨床試験において薬物濃度と効果を関係付けるPK/PD解析のため注目されるPD*1バイオマーカーの測定事業のニーズに対応するために行っていた施設の拡張工事がこのほど完了し、6月1日に竣工しましたことをお知らせいたします。

シミックインクは、従来からのLC/MS*2やECL*3に加え、今般新たに細胞を利用した測定のCell Based Assayの施設やFACS*4 、遺伝子情報を測定するNGS*5やqPCR*6を設置したことで、PDバイオマーカーや高分子医薬品の測定業務を強化します。これにより、バイオマーカーを活用した医薬品開発や、抗体医薬品および核酸医薬品のように有効かつ副作用が少ないと考えられる医薬品の開発に寄与したいと考えています。

また、近年では医薬品開発のグローバル化が進んでおり、分析業務においても日米でのシームレスな対応へのニーズが高まっています。特に、PDバイオマーカーには不安定な物質もあることから、臨床サンプル測定の即時性が求められます。当社グループでは、アメリカの分析ラボであるシミックインクと日本の分析ラボであるシミックファーマサイエンスとの連携で、日米同時にシームレスな測定が可能です。

*1  PD : Pharmacodynamics 薬力学
*2  LC/MS : Liquid Chromatography Mass Spectrometry 液体クロマトグラフィー質量分析計
*3  ECL : Electro-Chemiluminescence 電気化学発光
*4  FACS : Fluorescence activated cell sorting 蛍光活性化細胞選別
*5  NGS : Next-Generation Sequencing 次世代シーケンサー
*6  qPCR : Quantitative polymerase chain reaction 定量ポリメラーゼ連鎖反応


【シミックホールディングス株式会社】
シミックグループは、1992年に日本で初めてCRO(医薬品開発支援)事業を開始し、現在は開発から製造、営業・マーケティングまでの医薬品に関する総合的な支援業務を行っています。非臨床CROとしては、米国に拠点を構えるシミックインク社にてバイオアナリシス(生体試料中薬物濃度分析)を実施しているほか、日本のシミックファーマサイエンス社では、非臨床試験、バイオアナリシス、品質保証事業を提供しています。また、ヘルスケア事業、診断薬やオーファンドラッグの自社での開発及び製造販売なども行い、多様化するニーズに対応しています。幅広い経験とCROのパイオニアとして蓄積したノウハウをベースに、独自のビジネスモデルPVC(Pharmaceutical Value Creator)の構築を進め、医薬品事業における付加価値の創生に取り組んでいます。 詳しくはホームページをご覧下さい。 シミックホールディングス株式会社 : http://www.cmic-holdings.co.jp/

■本件に関する問い合わせ
シミックホールディングス株式会社
コーポレートコミュニケーション部
PR グループ
Tel: 03-6779-8200 / E-mail: irpr@cmic.co.jp

以上

このページのトップに戻る