IR情報

HOME > IR情報 > 経営方針

経営方針

シミックホールディングス株式会社及びシミックグループの経営方針は下記の通りです。

会社の経営の基本方針

平成4年に日本で最初にCRO(医薬品開発支援)事業を開始した当社グループは、SMO(治験施設支援機関)業務やPatient Recruitment(被験者募集)業務などを立ち上げ、今では、研究開発から製造、販売まで製薬企業のバリューチェーンのすべてを支えるビジネスモデルである「Pharmaceutical Value Creator(PVC)」を展開しています。

当社グループの経営理念は、PVCに基づく新たなビジネスモデルを創生し、顧客層を製薬企業からヘルスケア全般に拡大することにより、人々の健康維持や健康増進に広く貢献していくことであります。この理念のもと、創業以来の行動指針である「W&3C」(Wellbeing, Challenge, Change, Communication)を原点に、創業スピリッツをより明確に表現した「CMIC’S CREED」として平成27年10月に再定義いたしました。常に自己変革を継続し、多様性を追求しながら様々なステークホルダーと協働することで、企業の強さと価値を高め、ヘルスケア分野に革新をもたらすことを志向してまいります。

目標とする経営指標

当社グループは、成長性が高い事業領域においては売上高シェアの持続的拡大、市場が成熟した事業領域においては利益率の持続的向上を重視しており、連結グループとしては売上高営業利益率10%以上の達成を目標としております。

また、安定的に成長資金を調達できる強固な財務基盤を確保するために、株主資本比率、DEレシオを適正に保ち、財務面の機動力と安定性を確保します。

中期的な会社の経営戦略と対処すべき課題

医薬品業界においては、技術革新を通じた“患者により適した医療”への対応や、産官学連携による革新的医薬品の創出が期待される一方、主力製品の特許切れとジェネリック医薬品の普及、新薬承認要件の複雑化等の課題に直面しており、製薬企業は新薬パイプラインの確保と経営の効率化を図るために、M&Aによる規模の拡大あるいは事業領域の絞込みを行うなど、世界規模の再編が進んでいます。

国内においても、社会保障費抑制策の進展を背景に、新薬開発型医薬品企業は経営の効率化と新薬の創出に向けた研究開発力の強化を、ジェネリック医薬品企業は急速な需要の増加に対する安定供給体制の早期構築を進めるなど、大きな変革期に直面しております。

これに伴い、製薬企業においては、開発・製造・販売のそれぞれのバリューチェーンにおけるアウトソーシングの活用が急速に進展するとともに、製品のライフサイクル全体のサポートをパートナー企業に求める動きも拡がりつつあります。

当社グループは、この変革期にある医療・製薬産業において、製薬企業を全面的に支援する独自の事業モデルPVCの展開を通じて、持続的な成長を実現するための取組み“Project Phoenix”を進めております。

平成27年9月期に開始したProject Phoenix 1.0においては、赤字事業の解消とコスト構造改革に道筋をつけ、平成28年9月期下期からはProject Phoenix 2.0として、医療・製薬産業の変革にスピーディに対応できるソリューションビジネスの推進と、効率経営のための組織再編と人材教育の強化に着手しております。

今後さらに、安全で有効な医薬品をより多く利用できる環境の形成、さらには疾患の予防から診断、治療に至るまで、医薬品開発で培ったノウハウと十分な経験・知識を持つ私たちだからできること、私たちにしかできない最良のサービスの提供を通じて、人々の健康維持や健康増進に広く貢献するヘルスケア分野のソリューションプロバイダーを目指し、以下の経営戦略をもってビジネス展開してまいります。

1. CRO事業
・抗がん剤、再生医療等製品、医療機器等の高度化する開発ニーズへの対応
・アジア地域での受注力強化と事業拡大
・分析・測定ビジネスにおける国内・米国各研究所の技術力と収益力の強化
・RWD(リアルワールドデータ)を活用したPMS(市販後調査)や、HTA(医療経済性評価)を想定した市販後支援ビジネス(PRO*1試験、QOL*2調査)の展開
*1)PRO:Patient Reported Outcome(患者報告アウトカム)
*2)QOL:Quality of life(生活の質)
2. CDMO事業
・製剤開発技術力の向上
・ローコスト生産体制の構築
・海外CDMO企業等との戦略的アライアンスを通じたビジネスチャンスの拡大
3. CSO事業
・シンジケート型MRビジネスの推進
・コールセンターを活用したコマーシャルソリューション事業の推進
・MSL(メディカル サイエンス リエゾン)、ナースコーディネーター、治療領域別専門MRの育成強化による顧 客ニーズへの対応強化
4. ヘルスケア事業
・SMO業務における施設開拓と医療機関ネットワークの強化
・品質・コンプライアンス重視体制の維持と生産性の向上
・「患者様中心の医療の実現」にむけたデジタルヘルス事業の構築
5. IPM事業
・腎疾患バイオマーカー(L-FABP)の市場機会の拡大
・シミックグループとメディパルグループの機能を革新的に活用したオーファンドラッグの提供
・アカデミアや日本の専門家と連携し、既存品のポートフォリオ拡大(適用・剤型変更)への対応
・国内・国際ネットワークを活かし、必須医薬品の安定供給に貢献するとともに、新規のオーファンドラッグの導入や、海外企業の日本市場進出支援
6. グループ相乗効果の発揮
・PVCモデルを進化させたビジネスソリューションによる更なる付加価値の提供
・Management Excellence・Business Development Excellence・Operation Excellenceの追求による迅速経営の実現

中期計画(2016年〜2018年)

当社グループは、「Project Phoenix」(赤字事業の解消及びコスト構造改革の推進を通じて業績V字回復及び持続的成長の実現を図るプロジェクト)を着実に遂行するとともに将来にわたる成長のための基盤作りを進め、ヘルスケア分野のソリューションプロバイダーとして次の時代への飛躍を目指してまいります。

■経営目標
業績V字回復の実現と更なる飛躍  〜2020年 売上1,000億企業に向けた基盤確立〜
・各セグメント No.1
・グループシナジー発揮
■重点課題 〜PVCモデルの更なる進化と、クオリティ向上にむけて〜
・収益力の強化
・ソリューションビジネスの拡大
・国際化やイノベーションの推進
・人財の育成
【計数目標】
(単位:百万円)
  2015年9月期 2016年9月期 2017年9月期 2018年9月期
実績 計画 成長率 計画 成長率 計画 成長率
売上高
55,904 63,200 13.0% 67,100 6.2% 71,700 6.9%
営業利益
1,411 2,300 62.9% 3,700 60.9% 4,800 29.7%
営業利益率
2.5% 3.6% 5.5% - 6.7% -

ダイバーシティ推進への取組み

■基本方針
シミックグループは、「CMIC’S CREED」を制定し、「一度しかない人生を、年齢や性別、人種に関わらず、誰もがその人らしくまっとうしていくために、ヘルスケア分野に革新をもたらす」ことを志としています。
シミックグループにおけるダイバーシティとは、女性を中心とした人材戦略に限らず、多様性を享受しながら、異なる考え方や働き方をお互いに尊重し合い、より質の高い議論や結論を導き出すことにより、高いパフォーマンスを発揮する会社になることと位置づけています。
人種・性別・障がいの有無にとどまらず、多様性のある人材を採用すること、ひとりひとりの違いを尊重し価値を見つけること、違いに係わらず平等に扱うことが、企業の成長に不可欠だと考え、ダイバーシティの推進に取組んでいます。

コーポレート・ガバナンス

当社は、生命を支える事業に携わる企業として倫理性と科学性を重視することを基本とし、株主やお客様をはじめとするステークホルダーの皆様に対し、経営の健全性、透明性、遵法性と公正さを確保することがコーポレート・ガバナンスの基本であると認識しております。
この基本的な考えに基づき、当社は、持株会社として、経営における意思決定および業務執行の効率性・迅速性の確保、経営責任の明確化を図るとともに、コンプライアンスの確保およびリスク管理の強化を通じて、企業価値の一層の向上に努めています。

その他、会社の経営上の重要な事項

該当事項はありません。

このページのトップに戻る